AdSenseを始めよう

広告ユニットを作ってみよう

(公開: 2011年10月26日 更新: 2011年11月05日)

ウェブサイトを作成しGoogle AdSenseの審査に通過したら、早速、広告ユニットを作ってみましょう。


広告ユニットはAdSenseの管理画面にログインし、「広告の設定」タブの「広告ユニット」を選択し、「+新しい広告ユニット」をクリックします。


すると、新規広告の作成画面が表示されます。まずは広告ユニットに名前を付け、サイズを選択します。


広告タイプは推奨されているサイズがいいでしょう。またリンクユニットもここで選択できます。(なお、カスタムチャネルについてはウェブサイト数が増えてきてから設定してもいいので、別の記事で解説します。)そして、一番重要な部分が「広告のスタイル」です。ここは「カスタム設定を使用」を選択しましょう。

広告ユニットを作ってみよう


報酬振込口座を設定しよう

(公開: 2011年10月22日 更新: 2012年07月21日)

Google AdSenseは報酬総額が1万円から受け取ることができます。受け取り方法は銀行振り込みになりますので、この記事では銀行口座の設定法を解説します。

とかいいつつ、Googleが公式で案内動画を出しているので、これを見てもらうのが一番わかりやすかったりします(ぉぃ

この解説動画はちょっと古いので、手続が開始できる金額が「報酬額が10ドルに達した時」となっていますが、現状は「報酬額が1000円に達した時」になっています。以下、簡単な設定フローになりますので、動画を見るのが面倒な人はこちらを軽く試してみてください。

報酬振込口座を設定しよう


Google AdSenseを始めよう2 ~アドセンスのアカウントを開設する~

(公開: 2011年10月16日 更新: 2012年07月21日)

前回の記事「Google AdSenseを始めよう1 ~ウェブサイトを用意する~」の通り、グーグルアドセンスのアカウント開設に必要な要件を備えたウェブサイトの準備ができたら、早速アドセンスのアカウントを開設する手続きに入りましょう。

Google AdSenseのトップページの右上にある「今すぐ始めるにはこちら」をクリックすると、申し込みフォームが表示されますので必要事項を入力していきます。


Google AdSense登録ページ(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)

アドセンスが利用可能になるためには、ここで申請してあるウェブサイトが審査対象となりますので、Google AdSenseプログラムポリシー違反やウェブサイト内のリンク切れの無いようにきちんとチェックしておきましょう。また他のコンテンツマッチ広告が掲載されていたりアフィリエイト広告が貼りすぎているウェブサイトも審査に落ちる可能性がありますので、審査に通過するまでは広告類は外しておいた方が無難です。

Google AdSenseを始めよう2 ~アドセンスのアカウントを開設する~


Google AdSenseを始めよう1 ~ウェブサイトを用意する~

(公開: 2011年10月16日 更新: 2012年07月21日)

Google AdSenseを始めるためには何より先に自分のウェブサイトを用意する必要があります。

ウェブサイトの種類はHTMLで作られているホームページでも、無料ブログサービスでも構いませんが、独自のコンテンツ(内容)である程度の記事の量が必要となります。GoogleAdSenseプログラムポリシー(特にコンテンツ ガイドライン)に沿った600文字程度の文字数の記事が10~20記事掲載されているウェブサイト(ブログ)であれば殆ど審査には通ると思いますが、アドセンスで収益を上げることを目標とするのであれば、訪問者が喜んでくれるような内容を含んだウェブサイトを作成することをお勧めします。

なぜかというと、アドセンスで収益を上げ続けるにはある程度のアクセス数(ページビュー数)が必要となります。広告のクリック率は大体1%程度が平均値と言われ(注1)ており、サイトのページビューとクリック単価を掛け合わせることによって報酬額が決まってきます。

報酬額の計算式(例)
1000ページビュー × 10円(クリック単価)× 1%(クリック率)= 100円
※あくまでも目安で実際の報酬の算出方法とは違うのですが、ページビューとの関連性を分かりやすく解説するために使用しています。

Google AdSenseを始めよう1 ~ウェブサイトを用意する~