広告の種類

600skyscraper03

アドセンス広告に「スカイスクレイパー(大)」(300 x 600サイズ)が追加

(公開: 2013年04月21日 )

グーグルアドセンスの広告ユニットに新サイズが登場しました。ユニット名は「スカイスクレイパー(大)」で、サイズは300 x 600と結構大きめな縦長サイズになります。

参考まで、ウェブサイトに貼るとこんな感じになります。

600skyscraper01

こちらがイメージ広告。

アドセンス広告に「スカイスクレイパー(大)」(300 x 600サイズ)が追加


youtubelogo

YouTubeのチャンネルや動画に表示できる広告の種類

(公開: 2012年02月17日 更新: 2012年07月21日)

YouTubeの動画に掲載できる広告には以下の4つの種類があります。

・InVideo 広告・・・動画のオーバーレイとして掲載されます。
・バナー広告・・・動画の横、関連動画リストの上に掲載されます。
・TrueView インストリーム広告・・・YouTube の最新広告フォーマットで、広告をスキップするかどうかを視聴者が選択できます。
・標準インストリーム広告・・・動画の直前、再生中、または直後に掲載される動画広告です。

(標準インストリーム広告は現状あるのかわかりませんが、ヘルプに載っていたので一応書いてあります。 <参考リンク>YouTubeヘルプ

YouTubeのチャンネルや動画に表示できる広告の種類


admoblogo

アドセンス広告の種類VI ~AdMob モバイルディスプレイ広告~

(公開: 2012年02月15日 )

Google AdSenseには数多くの広告の種類があります。
大きく分けて

I.コンテンツ向け AdSense
II.検索向け AdSense
III.フィード向け AdSense
IV.モバイルコンテンツ向け AdSense(従来の携帯電話向け)
V.ハイエンド端末向け AdSense(iPhone/Android端末向け)
VI.AdMob モバイルディスプレイ広告(スマートフォンアプリ向け)
VII.動画向けAdSense(YouTube向け)

の6種類があります。この記事ではAdMob モバイルディスプレイ広告について解説していきます。

AdMob モバイルディスプレイ広告

AdMob」とは、世界最大級のハイエンドモバイル向け広告ネットワークで、iPhone、iPad、Androidを中心としたスマートフォン向けのアプリやウェブサイトに広告を配信できるプラットフォームです。アプリ開発者は配信された広告がクリックされることにより、広告収入が得られる仕組みになっています。

アドセンス広告の種類VI ~AdMob モバイルディスプレイ広告~


youtubelogo

アドセンス広告の種類VII ~動画向けAdSense~

(公開: 2012年02月15日 更新: 2012年07月21日)

Google AdSenseには数多くの広告の種類があります。
大きく分けて

I.コンテンツ向け AdSense
II.検索向け AdSense
III.フィード向け AdSense
IV.モバイルコンテンツ向け AdSense(従来の携帯電話向け)
V.ハイエンド端末向け AdSense(iPhone/Android端末向け)
VI.AdMob モバイルディスプレイ広告(スマートフォンアプリ向け)
VII.動画向けAdSense(YouTube向け)

の6種類があります。この記事では動画向けAdSense(YouTube)向けのアドセンスについて解説していきます。

動画向け AdSense

動画共有サイト「YouTube」の動画やサイドバーにアドセンス広告を表示することができます。

youtube17.jpg

動画ユニットの使用にはYouTubeのアカウントが必要で、なおかつ一定の条件を満たしている場合に「YouTube動画収益プログラム」に参加することができます。この一定の条件は開示されていませんが、僕が検証してみたところ視聴数が1000回~2000回ぐらいになるとYouTubeから案内が来るような感じです。

アドセンス広告の種類VII ~動画向けAdSense~


feed

アドセンス広告の種類III ~フィード向け AdSense~

(公開: 2011年12月01日 更新: 2012年07月21日)

Google AdSenseには数多くの広告の種類があります。
大きく分けて

I.コンテンツ向け AdSense
II.検索向け AdSense
III.フィード向け AdSense
IV.モバイルコンテンツ向け AdSense(従来の携帯電話向け)
V.ハイエンド端末向け AdSense(iPhone/Android端末向け)
VI.AdMob モバイルディスプレイ広告(スマートフォンアプリ向け)
VII.動画向けAdSense(YouTube向け)

の6種類があります。この記事ではフィード向け AdSenseについて解説していきます。

フィード向け AdSense

フィード向けAdSenseとは、ウェブサイトやブログ等の更新情報を送信する「フィード」の中にアドセンスコードを埋め込み表示するタイプのアドセンス広告で、他のAdSenseプログラムと同様にコンテンツや読者に関連性の高い広告を配信するシステムです。(そもそもフィードとはなんぞやという人はこちらのサイトがわかりやすく解説しています→Feed,RSS,Atom:フィードとは

ちなみに、フィード向け AdSenseはその他のAdSense広告でそれなりの収入を得ている人が、さらに収益を増やしたい時に使うような広告なので、初心者の方が最初から利用する必要はありません。(現に僕もほとんど活用していません。)コンテンツ向け AdSenseやハイエンド端末向け AdSenseの収益を向上させ、さらに上を目指したい時はがんばって設定しましょう。

アドセンス広告の種類III ~フィード向け AdSense~