広告の種類

テキスト広告とイメージ広告はどちらが効果的?

(公開: 2011年10月21日 更新: 2012年07月21日)

注:今回の記事は厳密に言うと完璧に正確な内容ではないのですが、分かりやすさを重視して多少大げさな表現を使っています。あらかじめご了承ください。

一般的にクリック率はテキスト広告の方が高く、クリック単価はイメージ(正式にはディスプレイ)広告の方が高くなっています。

テキスト広告 バナーサイズ(468×60)

イメージ広告 バナーサイズ(468×60)

広告の掲載場所はオークションによって決定し、一番、ウェブサイトに収益をもたらすような広告が優先的に掲載されます。これはテキスト広告もイメージ広告も一緒で、両方掲載されるような設定にしておいた方が競争率が高まり収益が向上するわけです。(⇒AdSenseヘルプ イメージ広告とは

もう一つ、収益性について逆の立場(広告出稿側=AdWordsシステム)から検証してみましょう。

テキスト広告とイメージ広告はどちらが効果的?


アドセンス広告の種類I ~コンテンツ向け Adsense~

(公開: 2011年10月17日 更新: 2012年07月21日)

Google AdSenseには数多くの広告の種類があります。
大きく分けて

I.コンテンツ向け AdSense
II.検索向け AdSense
III.フィード向け AdSense
IV.モバイルコンテンツ向け AdSense(従来の携帯電話向け)
V.ハイエンド端末向け AdSense(iPhone/Android端末向け)
VI.AdMob モバイルディスプレイ広告(スマートフォンアプリ向け)
VII.動画向けAdSense(YouTube向け)

の6種類があります。この記事では基本のコンテンツ向けAdSenseについて解説していきます。

コンテンツ向け AdSense

コンテンツ向けAdSenseにはビッグバナーやレクタングルなどの広告ユニット、リンクユニットの2種類があり、PC向けのウェブサイト・ブログなどに適したAdsense広告です。なお1ページ内に広告ユニット、リンクユニットそれぞれ3つまで同時に配置できます(それ以上になると広告スペースが空白になります)。

アドセンス広告の種類I ~コンテンツ向け Adsense~