Google AdSenseとは

GoogleAdSenseプログラムポリシー

AdSenseのプログラムポリシー ガイドブックがリリース

(公開: 2012年01月21日 更新: 2012年07月21日)

このサイトでも「AdSenseでやってはいけないこと」という内容でプログラムポリシーの事について書きましたが、グーグル先生自らプログラムポリシーのガイドブックを作ってくれました。

プログラム ポリシー ガイドブックができました/Inside AdSense

AdSenseのプログラムポリシー ガイドブックがリリース


AdSenseを自分でクリックしてしまったら

間違って自分でAdSense広告をクリックしてしまったら

(公開: 2011年12月07日 更新: 2012年07月21日)

結論から言うと、間違いクリックであれば問題はありません。

Google AdSenseでやってはいけないことの一つとして、自分自身で広告をクリックするという行為がありますが、間違って自分のウェブサイトに表示されている広告をクリックしてしまった場合は、自動的にGoogleのプログラムで判別され報酬から除外されるので特にヘルプ等に連絡を入れる必要もありません。

間違って自分の広告をクリックした場合、 アカウントに問題が生じますか?

サイト運営者様が故意に自分の広告をクリックすることは認められませんが、誤ってクリックする場合のあることは十分に考えられます。 その場合、Google にご連絡いただく必要はありません。 有効と見なされたクリックおよび表示回数の収益については、これまでどおりお客様のアカウントに集計されますのでご安心ください。
AdSense ヘルプ 無効なクリックに関する問題と懸念/間違って自分の広告をクリックした場合、 アカウントに問題が生じますか?

間違いか故意かの判別は回数や頻度だと思われますので、できるだけ誤クリックもしないよう気をつけましょう。


ハイエンド端末向けAdSense

ハイエンド端末向け AdSenseを作ってみよう

(公開: 2011年12月06日 更新: 2012年07月21日)

ハイエンド端末向け AdSenseの設定については特に難しい事は無いのですが、配置場所(特に320×50のビッグバナー)がずれるとレイアウトが崩れてしまう場合がありますので、その辺りを重点的に解説したいと思います。

ハイエンド端末向け AdSenseの設定

ハイエンド端末向けAdSense
端末タイプを「iPhoneやその他の高性能端末のみ」に設定すると、ハイエンド向け AdSenseになります。広告タイプやエンコードは特にデフォルト(初期状態)のままで構いません。これで「保存してコードを取得」をクリックするとハイエンド端末向けのAdSenseコードが表示されるので、スマートフォン向けAdSenseの効果的な配置例を参考にしていただき、コードを貼り付けてください。

【2012年2月19日追記】
ハイエンド向けアドセンスがコンテンツ向けアドセンスに統合されます。新コードに変更しないと2012年5月以降、ハイエンド向けアドセンスがひょうじされなくなりますので、早めに対処してください。
参照記事:スマートフォン向け広告ユニットがコンテンツ向けユニットに統合

ただ、最初にも書いたとおり、ビッグバナーについてはコードを貼る場所を間違えると、スマートフォン向けサイトのレイアウトが崩れる(横スクロールが発生する)場合があるので、対処法を以下で解説します。

ハイエンド端末向け AdSenseを作ってみよう


モバイルコンテンツ向けAdSense

モバイルコンテンツ向け Adsenseを作ってみよう

(公開: 2011年12月06日 更新: 2012年07月21日)

モバイルコンテンツ(従来の携帯電話)向けAdsenseは、PC向けAdSenseと違って設定にちょっと悩ましいところがありますので、その辺りを中心的に開設していきたいと思います。

まず、AdSenseの管理画面にログインし、左メニューの「モバイル コンテンツ向け AdSense」を選択します。

モバイルコンテンツ向けAdSense設定

ここで、広告ユニットを選択し、上部に表示される「+新しい広告ユニット」をクリックすると以下のような設定画面が表示されます。

モバイルコンテンツ向け Adsenseを作ってみよう


feed

アドセンス広告の種類III ~フィード向け AdSense~

(公開: 2011年12月01日 更新: 2012年07月21日)

Google AdSenseには数多くの広告の種類があります。
大きく分けて

I.コンテンツ向け AdSense
II.検索向け AdSense
III.フィード向け AdSense
IV.モバイルコンテンツ向け AdSense(従来の携帯電話向け)
V.ハイエンド端末向け AdSense(iPhone/Android端末向け)
VI.AdMob モバイルディスプレイ広告(スマートフォンアプリ向け)
VII.動画向けAdSense(YouTube向け)

の6種類があります。この記事ではフィード向け AdSenseについて解説していきます。

フィード向け AdSense

フィード向けAdSenseとは、ウェブサイトやブログ等の更新情報を送信する「フィード」の中にアドセンスコードを埋め込み表示するタイプのアドセンス広告で、他のAdSenseプログラムと同様にコンテンツや読者に関連性の高い広告を配信するシステムです。(そもそもフィードとはなんぞやという人はこちらのサイトがわかりやすく解説しています→Feed,RSS,Atom:フィードとは

ちなみに、フィード向け AdSenseはその他のAdSense広告でそれなりの収入を得ている人が、さらに収益を増やしたい時に使うような広告なので、初心者の方が最初から利用する必要はありません。(現に僕もほとんど活用していません。)コンテンツ向け AdSenseやハイエンド端末向け AdSenseの収益を向上させ、さらに上を目指したい時はがんばって設定しましょう。

アドセンス広告の種類III ~フィード向け AdSense~