Google AdSenseとは

ハイエンド端末向けAdSense

アドセンス広告の種類V ~ハイエンド端末向け AdSense~

(公開: 2011年11月25日 更新: 2012年07月21日)

Google AdSenseには数多くの広告の種類があります。
大きく分けて

I.コンテンツ向け AdSense
II.検索向け AdSense
III.フィード向け AdSense
IV.モバイルコンテンツ向け AdSense(従来の携帯電話向け)
V.ハイエンド端末向け AdSense(iPhone/Android端末向け)
VI.AdMob モバイルディスプレイ広告(スマートフォンアプリ向け)
VII.動画向けAdSense(YouTube向け)

の6種類があります。この記事ではハイエンド端末向け(iPhone/Android端末向け)向けのアドセンスについて解説していきます。

ハイエンド端末向け AdSense

「ハイエンド端末向け AdSense」とは、iPhoneやAndroid、WindowsPhone等のフルインターネットブラウザ搭載のスマートフォン(ハイエンド端末)に最適化されたグーグルアドセンス広告です。

アドセンス広告の種類V ~ハイエンド端末向け AdSense~


keitai10

アドセンス広告の種類IV ~モバイルコンテンツ向け AdSense~

(公開: 2011年11月25日 更新: 2012年07月21日)

Google AdSenseには数多くの広告の種類があります。
大きく分けて

I.コンテンツ向け AdSense
II.検索向け AdSense
III.フィード向け AdSense
IV.モバイルコンテンツ向け AdSense(従来の携帯電話向け)
V.ハイエンド端末向け AdSense(iPhone/Android端末向け)
VI.AdMob モバイルディスプレイ広告(スマートフォンアプリ向け)
VII.動画向けAdSense(YouTube向け)

の6種類があります。この記事では従来の携帯電話(フィーチャーフォン/ガラパゴスケータイ)向けのアドセンス、モバイルコンテンツ向け AdSenseについて解説していきます。

モバイルコンテンツ向け AdSense

「モバイルコンテンツ向けAdSense」とは、モバイルサイト(携帯電話向けウェブサイト)用のグーグルアドセンス広告です。PC向けのアドセンス広告との違いは、

  • モバイルアドセンスは広告は2種類(シングル、ダブル)のみ
  • 広告を配置できるのは1ページにつき1つ(パソコン向けアドセンスは1ページに3つまで)
  • となっています。

    アドセンス広告の種類IV ~モバイルコンテンツ向け AdSense~


    プレースメントターゲット広告とコンテンツターゲット広告

    (公開: 2011年11月07日 更新: 2012年07月21日)

    プレースメントターゲット広告とは、広告主が掲載したいウェブサイトやウェブサイト内の掲載位置を指定して表示するシステムで、どちらかというと広告主主導の広告配信形式です。なお、コンテンツターゲット広告はウェブサイトの内容にマッチした広告が自動的に配信されるシステムです(参考記事:インタレストベース広告とコンテンツターゲット広告)。

    AdSenseヘルプだとこんな表記になってます。

  • コンテンツ ターゲット
  • キーワード分析、語句の使用頻度、フォント サイズ、ウェブの全体的なリンク構造などの要素からウェブページの内容を把握し、それぞれのページの内容に沿った Google 広告が選択されます。

  • プレースメント ターゲット
  • プレースメント ターゲットでは、広告主がプレースメントやウェブサイトのセクションを選択して広告を掲載できます。プレースメント ターゲットの広告はページの内容と厳密に関連している必要はなく、広告主が宣伝する商品やサービスとサイトのユーザーの興味/関心が一致すると判断した広告が表示されます。

    広告主はプレースメントターゲット機能によって、特定の(効果が高く見込めると思われる)サイトにのみ広告を掲載する事ができるというわけです。そこで、広告主に対して自分のウェブサイトの特徴や訪問者の属性を知らせてあげる必要があります。なぜかというと、広告の単価はオークションで決まるため(参考記事:テキスト広告とイメージ広告はどちらが効果的?)広告掲載を希望する広告主が増えるほど、報酬額が増える可能性があるからです。

    プレースメントターゲット広告とコンテンツターゲット広告


    AdSenseアカウントが停止されてしまったら

    (公開: 2011年11月03日 更新: 2012年07月21日)

    基本的にGoogle AdSenseのプログラムポリシーに沿ってウェブサイトの運営をしていれば、AdSenseアカウントがいきなり停止されるという事はほとんどありませんが、無意識にポリシー違反をしている可能性もあります。ポリシー違反者に対しては、Google AdSenseの担当者が該当するアカウントに警告メールを送り、違反箇所の修正を促します。この警告を無視しているとアカウント停止になります。また、悪質な違反の場合には警告なしでアカウント停止になる可能性もゼロではありません。

    ただ、ごく稀にポリシー違反の心当たりが無いのにアカウント停止になってしまうこともあるようです。そんな時はGoogleに異議を申し立てることができます。申し立てをおこなったからと言ってアカウントが再開されるとは限りませんが、Google側で再度調査をおこなってくれますので、ポリシー違反をしていないのにアカウント停止になってしまった場合は異議を申し立ててみましょう。

    AdSenseヘルプ
    無効になったアカウントに関するよくある質問
    無効なアカウントについての異議申し立てフォーム

    AdSenseアカウントが停止されてしまったら


    kinshi

    Google AdSenseでやってはいけないこと

    (公開: 2011年11月02日 更新: 2012年07月21日)

    Google AdSenseにはプログラムポリシーがあり、それに違反すると広告の配信停止や、最悪の場合AdSenseアカウントの停止(無効)という状態になります。一度アカウントが無効になったユーザーは、今後AdSenseプログラムに参加することができなくなります。そうならないよう、AdSenseでやってはいけない事を改めて確認しておきましょう。

    Google AdSenseでやってはいけないこと