オリジナルコンテンツについて

LINEで送る
Pocket

ちょうどInside AdSenseでオリジナルコンテンツについて言及している記事があったので、僕の方でも解説したいと思います。

Content ManagementContent Management / depone

オリジナルコンテンツとはその名の通り、他のサイトからコンテンツをコピーしたり、他の出版物を書き直したものではなく、あなた自身の経験や見解を掲載した独自性のあるコンテンツの事を指します。ユーザーにとって見やすく便利で有益なサイトづくりをすることで、ここでしか得られない貴重な情報のあるウェブサイトとしてユーザーに認識され、リピーターの増加にも繋がります。また、オリジナルコンテンツを増やしていくことは、一番の検索エンジン対策にもなります。

リピーターが増える/検索エンジンで上位表示されることにより、訪問者の増加、訪問者の滞在時間の延長という事象が発生し、関連する広告がクリックされる可能性が高まり長期的な収益の増加をもたらします。

なお、重複コンテンツについてのGoogleの見解は以下のようになっています。

Google は、固有の情報を持つページをインデックスに登録して表示するよう努めています。たとえば、サイトの各記事に「通常」バージョンと「印刷用」バージョンがあり、両方とも noindex メタ タグでブロックされていない場合、フィルタリングによってどちらか 1 つが登録されます。ごくまれなケースとして、Google でのランキングの操作やユーザーへの偽装を意図した重複コンテンツが表示される可能性が認識された場合も、Google では関係するサイトのインデックス登録とランキングに対して適切な調整を行います。その場合、該当するサイトはランキングが低下するか、Google インデックスから完全に削除されて検索結果に表示されなくなる可能性があります。
Google ウェブマスター ツール ヘルプ/重複コンテンツについて

Googleでは基本的に新しい記事が投稿された日時も登録しているため、A(2009/1/1公開)とB(2011/10/10公開)という同じ内容の記事があったらAの記事が優先的に検索結果等に表示され、Bはインデックスから削除され検索結果に表示されない場合がほとんどです。

実際に僕もXperia非公式マニュアル/GALAXY S非公式マニュアル/IS03非公式マニュアルという3機種のウェブサイトを同時に運営していましたが、Xperiaで掲載したアプリ紹介記事をGALAXY SやIS03のサイトに流用しても、検索結果に表示されるのはXperia非公式マニュアルの記事だけが表示されています。ですので、もしあなたのウェブサイトの記事がコピーされていても、コピーサイトが得るものはありませんので、必要以上に心配することはないかと思います。

ただし、まれにコピーサイトの方が検索結果で上位表示されてしまう場合もあるようです。その際にはGoogleにコピーサイトの削除要請を依頼することもできますので、ヘルプフォーラムの記事を確認したうえで、対処を依頼しましょう。

LINEで送る
Pocket