kinshi

Google AdSenseでやってはいけないこと

(公開: 2011年11月02日 更新: 2012年07月21日)

Google AdSenseにはプログラムポリシーがあり、それに違反すると広告の配信停止や、最悪の場合AdSenseアカウントの停止(無効)という状態になります。一度アカウントが無効になったユーザーは、今後AdSenseプログラムに参加することができなくなります。そうならないよう、AdSenseでやってはいけない事を改めて確認しておきましょう。

Google AdSenseでやってはいけないこと


カスタムチャネル/URLチャネルを活用しよう

(公開: 2011年11月01日 更新: 2012年07月21日)

カスタムチャネルとは、アドセンスの広告コードに「チャネル」と呼ばれるIDを振り分け、広告ユニットごとの詳細なレポートを表示するための機能です。このチャネル設定は報酬を向上させるための分析ツールとして、とても重要な機能ですので有効に活用しましょう。

「チャネル」機能を利用することで、ウェブサイト単位や広告ユニット単位でクリック率やクリック単価などが測定できます。そのチャネルの成果が低い場合には広告の大きさや色を変えたり場所を変えたりする必要があります。特にグーグルアドセンスは、一つのアカウントで複数のウェブサイトや広告ユニットを管理することが多いので、ウェブサイト毎・広告ユニット毎に報酬レポートを分けて分析できる「チャネル」機能はとても便利です。

カスタムチャネル/URLチャネルを活用しよう


adsensesearch05

検索向けAdSenseを作ってみよう

(公開: 2011年10月31日 更新: 2012年07月21日)

それでは自分のウェブサイトに検索向けAdSenseを設置してみましょう。

広告の設定 ⇒ 検索向けAdSense ⇒ 新しいカスタム検索エンジンを選択していくと検索向けAdSenseの設定画面が表示されます。

検索向けAdSense設定画面

  • 名前:管理しやすい名前を任意で設定。
  • 検索の対象:ウェブサイト内検索にしたい場合は「選択するサイトのみ」をチェックし、自分のウェブサイトのURLを入力。
  • キーワード:空白でOK。
  • セーフサーチ:アダルトコンテンツを含むサイトに対するフィルタ。必要に応じてチェック。
  • 国または地域:日本
  • エンコード:ウェブサイトで使用しているエンコード(文字コード)を選択。
  • 文字変換:必要に応じチェック。
  • 人気クエリ:試してみたけどよくわからないので調べておきます(ぉぃ
  • カスタムチャネル:別の記事で掲載します。
  • 検索ボックスのスタイル:表示したい検索ボックスのデザインとテキストボックスの長さ(大体20~30程度)を指定。
  • 広告スタイル:検索結果に表示されるAdSense広告のカラー設定が可能。
  • 検索結果:検索結果の表示方法(現在のページが検索結果になる/新ウィンドウで検索結果が表示/自サイト内に検索結果が表示)が選択できる。ロゴの変更も可能。


  • 設定項目は少し多いですが一度設定してしまえばずっと使えますし、サイト内検索があると訪問者が記事を探しやすくなり好感度も上がりますので、早目に設置しておきましょう。なお、設置場所はウェブサイトの上部に配置しておいた方が訪問者の目に留まるので使用頻度も上がります。


    adsensesearch05

    アドセンス広告の種類II ~検索向け Adsense~

    (公開: 2011年10月31日 更新: 2012年07月21日)

    Google AdSenseには数多くの広告の種類があります。
    大きく分けて

    I.コンテンツ向け AdSense
    II.検索向け AdSense
    III.フィード向け AdSense
    IV.モバイルコンテンツ向け AdSense(従来の携帯電話向け)
    V.ハイエンド端末向け AdSense(iPhone/Android端末向け)
    VI.AdMob モバイルディスプレイ広告(スマートフォンアプリ向け)
    VII.動画向けAdSense(YouTube向け)

    の6種類があります。この記事では検索向けAdSenseについて解説していきます。

    アドセンス広告の種類II ~検索向け Adsense~


    広告をウェブサイトに融合させる

    テキストリンクの色や背景色をウェブサイトに馴染ませよう

    (公開: 2011年10月27日 更新: 2012年07月21日)

    「広告ユニットを作ってみよう」の記事でも書きましたが、広告テキストやURLの色を自分のウェブサイトで使用している色と同一にしておくとクリック率が高まる傾向があります。

    これは公式のAdSenseヘルプ(最も効果的なカラー パレットを選択する)にも書いてあり、ウェブサイトに融合させることで、訪問者にAdSenseのリンクを踏んでもらいやすくするための有効な手段になっています。

    テキストリンクの色や背景色をウェブサイトに馴染ませよう